会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

フリーランスで仕事を獲得する方法とは?


自由で柔軟な働き方として、最近増えているのがフリーランスという働き方です。自由な面もありますが、仕事を自分で探さなくてはいけないため、企業勤めとは違ったスキルも必要になってきます。

今回は、フリーランスで仕事を獲得する方法について解説していきます。

フリーランスとは

フリーランスとは、「特定の企業や組織に所属せず、プロとして自身のスキルを提供しお金をもらう」働き方のことを指します。企業に雇用された状態で仕事を行う場合と異なり、「案件ごとに契約し、業務を遂行する」という働き方の形態となります。

では、個人事業主とフリーランスは、何が違うのでしょうか?個人事業主とフリーランスの大きな違いは、「開業届を出しているかどうか」です。個人事業主とは個人で事業を営むことを、開業届という形で税務署に報告した人を指しています。つまり開業届の有無に限らず、自由な働き方をしていればフリーランス。フリーランスのうち、開業届を出している人は個人事業主とも呼ばれるということです。

ちなみに個人事業主の開業届を出しておけば、青色申告など税務上有利になる制度をフルに活用できます。腰を据えて専業でフリ―ランスになるつもりなら、開業届を税務署に提出して個人事業主になっておくようにしましょう。

開業届には提出期限がある?

所得税法第229条には、「新たに事業所得、不動産所得又は山林所得を生ずべき事業の開始等をした方」は「事業の開始等の事実があった日から1ヶ月以内」に開業届を提出しなければならないと明記されています。なお提出期限が土・日曜日・祝日等に当たる場合は、これらの日の翌日が期限です。ちなみに開業届の正式名称は「個人事業の開廃業届出書」です。

開業日には法的な決まりはありません。初めて事業を開始した日でもよいですし、初めて売上があった日でも構いません。いずれにせよ個人事業主として事業を開始したら、自分で決めた開業日の1ヶ月以内に開業届の提出を行うことが法律で義務付けられています。

そして開業届の控えは、個人事業主の「事業を営んでいる」という証明になる書類です。銀行から事業資金融資を受ける場合や、事業者クレジットカードを発行する場合、屋号の口座を作成する場合、また大手ECサイトに店舗を持つ場合にも提出を要求されることもあります。開業後に何かと必要になる書類ですので、税務署から受け取る控えは大切に保管しておくようにしてください。

フリーランスに適した職種・お仕事内容


フリーランスで働きやすい職種やその仕事内容について説明していきます。ITエンジニアやWEB関連の仕事、デザイナーなどあなたに合った仕事があるか確認していきましょう。

ITエンジニア

WEBサービスの開発などを行うITエンジニアは、会社員とフリーランスで仕事内容に大きな違いはありません。ただし、フリーランスの方が自由に請け負う案件を選ぶことができます。契約単位で仕事を受注するので、作業場所や時間を自分で決められるほか、スキルが上がれば会社員よりも年収が高くなる場合があります。仕事の獲得方法は、フリーランスのエンジニアを対象としたエージェントや、会社員時代のコネクションを介するものが多いようです。

デザイナー

WEBやフライヤー(チラシ)といった様々なジャンルのデザイナーも、多くの方がフリーランスとして活動しています。商品やWEBサービスなどのデザインを、案件ごとに請け負います。駆け出しのころは、フリーランス向けの仲介サービスでの受注が中心になります。実績を積んでいく中で、作品を気に入ったクライアントからデザイナーとして認められれば、依頼が増えていきます。

イラストレーター

イラストレーターは、「雑誌などの紙某体の広告・イラストの作成」「Webやゲームで使うキャラクターの作成」などを行う仕事です。主な仕事内容は、クライアントの依頼に応じてイラストを制作し提供することです。

編集関連

「Webライター」「編集者」「コピーライター」「ブロガー」などが挙げられます。手軽に自宅でも作業できますので、大変人気のある職種です。

接客関連

「ヨガインストラクター」「スポーツトレーナー」「メイクアップアーティスト」「占い師」どが挙げられます。今までの経験やコネクションがないと継続的にできない職種でもあります。

カメラマン

副業としてカメラマンをしている時期を経てから、専業のフリーランスカメラマンになる人が多いようです。学校のイベントや結婚式の記念写真から、出版物・WEBメディアの掲載写真まで様々な仕事があります。副業をしていた時のコネクションを利用したり、幼稚園や学校、写真館など施設の募集に応募したりというのが仕事探しの基本になります。実績豊富なカメラマンは、出版社やWEBメディアに直接営業することもあるようです。

翻訳者

英語が得意な方が経歴問わず自宅で活躍できるということで、人気が高まっているのがフリーランスの翻訳者です。本の翻訳のほかに、HPやWEB上の記事の翻訳、動画の字幕作成などの案件があります。仕事を探す際は、クラウドソーシングサイトや案件マッチングサイトで「未経験OK」の案件を探すところから始まります。コツコツと実績を重ね、経験を積むことで単価の高い仕事やSNSなどを介した直接依頼も受注できるようになります。また、翻訳会社に登録して仕事をもらうケースもあります。

コンサルタント

コンサルタントの職種には、「経営コンサルタント」「ITコンサルタント」「投資コンサルタント」「建設コンサルタント」など豊富にあります。特に、投資や経営などの単価が高いコンサルタントになればなるほど収入は上がります。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。

フリーランスで仕事を探すための方法とは?

では、フリーランスで仕事を探すにはどうすれば良いのでしょうか?主に以下の方法がありますので、それぞれ説明していきます。

お仕事マッチングサイトで探す

フリーランス向けに仕事をマッチングしてくれるサイトを、「クラウドソーシングサイト」と呼びます。マッチングサイトは、初心者からベテランの方まで気軽に使うことができ、数多くの案件が掲載されています。そのため、実際にマッチングサイトを活用して仕事を得ているフリーランスの方もたくさんいるようです。

数あるクラウドソーシングサイトの中でも特に利用者が多いのが、「クラウドワークス」と「ランサーズ」という2つの大手サイトです。ほかのクラウドソーシングサイトと比べて、こちらの2サイトは掲載されている仕事のジャンルや種類、件数などがかなり豊富です。フリーランスとして活動をすることになった場合にも、重宝するサイトなので覚えておきましょう。こうしたサイトでは、手数料が発生するものの、様々な案件をサイト上で一気に見ることができ、仕事の受注から完了まで全てネット上で行うことができます。

(参考記事)【フリーランスとして起業・開業を検討している方必見!】本当に使えるビジネスマッチングサービス6選

フリーランス向けエージェントへの登録

フリーランスと顧客を繋いでくれるエージェントへ登録すれば、最適な仕事を紹介してくれます。

基本的には、登録するだけなので自分で営業をかけるよりも、手間をかけずにでき、更に、企業とフリーランスのあいだにエージェントが入ることで、報酬の未払いなどのトラブルを避けることもできます。但し、エージェントを利用するには、手数料が必要です。手数料の相場は、報酬の10〜20%に設定されていることが多く、直接契約するよりも収入が減ることになります。

紹介でお仕事をもらう

着実に実績を積んでいけば、一度契約したクライアントから継続して仕事を依頼してもらえたり、ほかのクライアントを紹介してもらえたりする機会も得られるでしょう。こうした形で獲得したお仕事は、マッチングサイトなどで獲得したお仕事よりも高単価なものが多くなりがちです。誠実な対応や仕事を心掛けることが信頼の獲得を目指しましょう。

前職の所属していた会社関連

仕事獲得の近道は、以前の会社とつながりを保ち、先輩や会社に仕事があるかどうかを尋ねてみることです。先にフリーランスとして活躍している先輩がいるなら、その人に尋ねてみてもいいでしょう。特定の技術や経験が必要な職種は仕事が獲得しやすく、その後も途切れず仕事を獲得できます。

求人情報を出している会社に連絡

少しマニアックな方法ですが、ハローワークや転職サイトに求人を出している会社を見つけたら、そこに直接問い合わせてみるのも一つの手段です。「フリーでこんな仕事をしているが、仕事はありませんか」という連絡をしてみましょう。プレゼン次第では、仕事獲得につなげられます。

同業種の交流会に参加

同じ職種でフリーランスとして活躍している人と交流を持ち、仕事の情報を交換して新規獲得につなげます。フリーランスはどうしても一人で仕事をすることが多くなり、横のつながりがなくなりがちです。多くの人とつながりを保つことで仕事につながりやすくなります。

セミナーや勉強会に参加

セミナーや勉強会には積極的に顔を出しましょう。自分の職種に関係ないものであっても構いません。色々な人に名刺を渡し、自分のスキルをアピールしておくことが重要になります。
 

■ 仕事作りの為のおススメのイベント
  • 自分が起業・開業する分野の交流会
  • 異業種交流会
  • ビジネスコンテスト
  • 創業セミナー
  • 商工会議所・商工会のセミナー
  • ベンチャーキャピタルのセミナー  など

SNSでの情報発信は大切

ブランディングに欠かせないSNSを利用してアピールすることは大切です。

サービスとしては、代表的なものとして「Facebook」(フェイスブック)や、短いつぶやきを投稿・共有するマイクロブログ型の「Twitter」(ツイッター)、写真の投稿・共有を中心とする「Instagram」(インスタグラム)、ビジネス・職業上の繋がりに絞った「LinkedIn」(リンクトイン)などが有名です。その他、チャットや音声通話などを提供する「LINE」(ライン)など、さまざまなツールがあります。これらのツールで、自分のスキルや仕事内容、自分という人間をアピールしていきます。自分のスキル紹介など、メニューとして1ページにまとめておいてもいいでしょう。

SNSではないですが、最近ではYouTubeを使ってPRしているコンサルタントも多いです。動画は画像やテキストと比べたくさんの情報を伝えることができ、上手く活用することで自社ブランドに大きな付加価値をつけることができます。また、自社が主体となって発信をするだけでなくユーザー参加型のコンテンツを企画するなど、従来とは異なる形でのアピールも可能です。若年層だけでなく幅広い層に対して影響力を持つことになったYoutube。時代の波に取り残されないためにも積極的に取り入れて、集客や販路の拡大に繋げましょう。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。

フリーランスとして仕事をする際の注意点

自己管理(スケジュール管理)が難しい

会社員の場合、出社日と休日のスケジュールが決まっています。出社、退社の定時も決まっており、残業についても時間の制限があったり、残業手当があったりと決まりがあります。休日についても、有給休暇や、お盆、年末年始のお休みなどが定められています。仕事をする時間と仕事をしない時間の区別が自動的につけられるので、自分で全てスケジュールを考える必要はありません。

しかしフリーランスの場合は、自分で全てのスケジュールを管理しなければなりません。仕事をすればするほど収入になるため、休みなしで仕事をしていきたいという人もいるかもしれません。ですが、体調を整えて効率よく働くためにも、休暇もしっかりとることをおすすめします。スケジュール管理はなかなか難しいですが、仕事をする時間、しない時間をしっかり区別できるようにしましょう。

契約書はしっかりと確認する

フリーランスは直接クライアントと話し合い、自分で契約内容を確認しなくてはいけません。報酬や納期、納品方法などをきちんと確認しておくことが大切です。自分が希望する条件と合っていない場合は、クライアントと話し合って条件を変更してもらいましょう。とくに報酬は収入に直接関わる部分ですし、低すぎる報酬ではモチベーションを保てなくなります。必ず納得のいく形で契約をしましょう。フリーランスの場合、契約書がないケースもありますが、後々トラブルになる可能性があるので、作成しておくと安心です。

信用できない相手とは仕事をしない

依頼する会社の中には、フリーランスを都合の良いように利用するクライアントもいます。仕事の話を振っておきながら全く返信のないクライアントや継続案件としながらも、実際は単発案件だったというケースもあります。クラウドソーシングサイトの登場などで、仕事を探すハードルは下がりましたが、報酬の未払いなどのトラブルは増えています。信用できないと感じたら、魅力的な報酬だったとしても、仕事をしないことをおすすめします。仕事が取れない状況だと、断るのは難しいかもしれませんが、断る勇気も必要です。

経理事務、税金の申告は忘れずに

会社員の場合、毎月の給料からの源泉徴収、1年に1度の年末調整といった税金の計算は会社が行います。しかしフリーランスとして働いている場合は、確定申告の際に自分で計算して税金を納付しなければなりません。そのためには、自分で収入や経費を把握する必要があります。

フリーランスとして仕事をしていく上で、自分の収入や経費を把握していくことは大切なことです。フリーランスとして働いていくのであれば、経理事務や確定申告の知識もある程度身につけていきましょう。

まとめ


フリーランスは特定の組織に縛られず自由に仕事ができます。会社では、多くの場合は定時出社が当たり前、仕事の内容も会社で決められていることがほとんどですが、フリーランスであれば、自分の働きやすいようにスケジュール調整ができ、仕事も自分で選べます。

自由でに出来ますが、仕事を獲得できなければ生活することも出来ません。もし安定的に仕事が確保できず、生活をするための収入が不十分なうちは、パートやアルバイトを組み合わせて安定した収入を得ることも考えるとよいでしょう。常に仕事を得ることができるようになってきたら、フリーランスとしての仕事に集中していく方法がおすすめです。

より詳しい情報や起業・開業に役立つ情報は「起業のミカタ(小冊子)」を無料で贈呈していますので、合わせてお読みください。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
資金調達 情報サイト
飲食開業 情報サイト