会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

融資の代表的な種類「手形貸付」「手形割引」「証書貸付」「当座貸越」について解説


融資の代表的な種類として、「手形貸付」「手形割引」「証書貸付」「当座貸越」の4つがあります。どのような特徴があるのでしょうか?それぞれの融資形態にについて解説していきます。

融資の代表的な種類「手形貸付」「手形割引」「証書貸付」「当座貸越」

手形貸付

「手形割引」とは、他の会社から支払いのために受け取った手形を金融機関に一時的に買い取ってもらうことにより、その額面に見合った金額の融資を受けるというタイプの貸付方法をいいます。手形割引が、申込人が他の会社から振り出された手形を使うのに対し、手形貸付では、金融機関の専用の手形を使って手形を振り出すところに違いがあります。

手形を利用した貸付なので手形貸付といい、略して手貸(てがし)とも呼ばれます。手貸で使用される手形は、借入用の手形です。

手形割引

「手形割引」とは、売掛先から受け取った手形を銀行に買い取ってもらい資金化する方法です。手形の支払期日に手形を取り立てすることで銀行は資金を回収します。そのため、手形割引を行った会社は後で銀行へ返済する必要がありません。しかし、割引した手形が不渡りになった場合、手形割引を行った会社が銀行から手形を買い戻す義務があります。買い戻しできなければ、銀行は損失を被ってしまいます。そのため手形割引の審査では、手形割引を行いたい会社の審査、手形を振り出した会社の審査、両方の審査を銀行は行います。なお手形を振り出した方の会社は、割引する銀行と直接取引しているとは限らないため、銀行は信用調査会社などからその会社の情報を得て審査します。

割引かれる手形には、商業手形、荷為替手形、銀行引受手形などがありますが、殆どは商業手形であり、商業手形割引と呼んでいます。手形の割引は、今日では手形の売買として考えられています。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。

証書貸付

「証書貸付」とは、金融機関と融資の申込人との間で金銭消費貸借の契約書を交わしたうえで融資をするタイプの貸付方法をいいます。主に返済期間1年を超える長期融資でこの方法がとられ、返済は毎月や3カ月に1回など、銀行と取り決めた間隔で行います。返済期間1年を超える長期返済の融資で運転資金の融資を受ける場合や、不動産や機械など設備資金の融資を長期返済で受ける場合、この方法がとられます。

当座貸越

「当座貸越」とは、初めに金融機関と融資申込人との間で貸し出し可能な金額の枠を設け、その枠内で自由に貸したり返したりをすることができるタイプの貸付方法をいいます。銀行では、いつでも融資を行える極度額を設定しても問題ないか、審査します。審査が通ったら、銀行と当座貸越契約書を交わします。その後は、いつでも借入れ申込書一つで融資が受けられるようになります。銀行が個人向けに融資商品として出しているカードローンも当座貸越の一種ですが、極度額は数百万円と低め、金利は10%近くもしくは超える高い金利です。企業に対し行われる当座貸越では、極度額は数千万円でも銀行の審査しだいで可能であり、金利も0%台~3%と低くなります。

そして当座貸越には、「担保付」と「無担保」の2つがあります。「担保付」の場合、金融機関は担保資産の評価額を決め、その範囲内で当座貸越の極度を設定します。したがって、担保がないにもかかわらず当座貸越の極度を設定されている、つまり「無担保」なら、企業の信用度が高いことを意味しています。

まとめ


いかがでしたでしょうか?上記のように銀行融資には4つの種類があります。資金の使い道や、自社の状況に応じて使い分けるようにします。以下のような使い分けをしますので、れぞれの特徴を覚え、自社の資金の流れを把握した上で、どのように銀行から融資を受けるべきか、判断していきましょう。
 

■融資の代表的な種類
  • 手形貸付:仕入れ代金の支払時期と売上代金の回収時期が明確であってその間の資金をつなぎたい場合
  • 手形割引:売掛先から手形を受け取ることが多く、手形を早く現金化したい場合
  • 証書貸付:運転資金を大きく借り長期で返済したい場合
  • 当座貸越:将来に備えていつでも借りたり返したりできるような融資枠を設定したい場合
お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます