会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

【飲食店】緊急事態にすべき対応策とは?


新型コロナウイルス感染の影響で、飲食店の来店者減少によるキャッシュ不足で経営が立ち行かなくお店も出てきました。今回のような緊急事態は、今後も発生する可能性があります。

今回は、飲食店における緊急事態にすべき対応策について解説していきます。

【飲食店】緊急事態にすべき対応策とは?

飲食店における緊急事態の対応策を5つご紹介します。これだけではないですが、最低限以下の事は行いましょう。

緊急対策①:6ヶ月分程度の資金(キャッシュ)の確保をしておく

お店がつぶれるという事はすなわちキャッシュがなくなってしまうことです。予測不能な事象が起こった際にまず最優先で押さえておくべきことは、資金繰り(キャッシュフロー)です。

一般的に会社経営には6か月先行の資金繰り(キャッシュフロー)対策が必要であるといわれていますが、ショート回避のために取引金融機関へのアプローチはもちろんのこと、各種補助金等の確認をすることは大切です。現在、コロナウイルス対策で「補助金/助成金、融資」の情報は出ていますので、素早く情報収集しましょう。

緊急対策②:固定費削減

固定費として一番大きいのが人件費です。ある程度来店の予測をし、無駄にシフトに入れないようにする事が大切です。そして、無駄な材料もお客様が来ないと在庫として特に食材などは処分しなくてはいけませんので、最低限の仕入れができるように事前に計算しておきましょう。

そして、緊急時だからこそ即実践してほしいのが賃料削減交渉です。難易度・ハードルが高いと思われがちだが、要点を押さえ、スピーディーに的確な対応ができれば不動産・賃貸借契約の知識がなくとも交渉が可能です。最低でも以下3パターンのプランを用意して。オーナーとの面談で柔軟な対応ができるよう準備する必要があります。

  • ①単純賃料減額:現在の賃料の●%、または●●円の削減
  • ②期間限定減額:●ヶ月限定で現在の賃料の●%を削減
  • ③敷金・保証金一部返還:上記①・②が困難な場合にキャッシュを確保
【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

緊急対策③:周辺の地域の情報収集

店舗経営において、天気予報や周辺地域のイベントスケジュールは年間を通して把握しておくことが必要ですが、特に不測の事態に陥った際には、多店舗がどのような経営をしているか、近隣地域でのイベント等の確認をしておくことが大切になります。

緊急対策④:緊急事態に関するマニュアルの入手

今回のコロナウイルスでもそうですが、店内の衛生管理・感染防止策、スタッフの健康管理には通常以上に厳しくしておきたい所です。様々な所で緊急事態に関するマニュアルが出ていますので、早く情報をキャッチして実践しましょう。

例えば、今回であれば一般社団法人日本フードサービス協会が、外食企業が取り組むべき新型コロナウイルス対策についてわかりやすくまとめています。

(参考:一般社団法人日本フードサービス協会) 感染拡大期における外食産業のための新型コロナウイルス感染症対策

緊急対策⑤:必要な備品の確保

今回のケースであれば、新型コロナウイルス感染の影響で、マスクやトイレットペーパーが不足していますが、特に飲食店は衛星には気を遣わなくてはいけませんので、素早く確保しましょう。特に殺菌消毒(アルコール消毒)に使用するものはすぐに購入しましょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか。今回のコロナウイルスだけではなく、今後いかなる緊急事態にも対応する為に、最低でもご紹介したことは行っておきましょう。その他、営業時間の変更・短縮や、就業時に手のアルコール消毒、マスク着用や就業時体調チェックの実施・記録を徹底など、衛生管理や感染症対策に取り組む事も大切になってきます。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます