会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

【販路拡大】SNSにハッシュタグ(#)をつけるメリットとは?


ハッシュタグ(#)とは、SNS(Instagram・Facebook・Twitterなど)を利用するときによく見かける文字列ですが、そもそも意味を知っていますでしょうか?ハッシュタグ(#)とは何か、その意味を正確に説明できなくてもなんとなく利用している人もいるかもしれません。

今回は、SNS(Instagram・Facebook・Twitterなど)でよく利用されるハッシュタグ(#)とは何か、ハッシュタグ(#)を付けるメリットについて解説します。

ハッシュタグ(#)とは?

ハッシュタグとは、主にfacebookやTwitter、InstagramなどのSNSで利用できるタグのキーワードであり、自分の投稿をカテゴライズして検索を容易にするものです。具体的には、言葉の頭に「#(半角のシャープ)」をつけることによって、ハッシュタグと認識されるような仕組みになります。これによって、同じ話題を投稿している人同士で情報共有が可能になります。

ハッシュタグと他のテキストとの違い

ハッシュタグと他のテキストとの違いとは、SNS(Instagram・Facebook・Twitterなど)においては、ハッシュタグのみが検索対象になるという点です。Googleなどの検索エンジンではテキスト全般が検索ワードの対象となりますが、SNS(Instagram・Facebook・Twitterなど)ではハッシュタグの文字列でしか検索されないので、閲覧者を獲得する上でハッシュタグは重要な役割があるといえます。

ハッシュタグ投稿する場合のメリット

ここからはハッシュタグを使うメリットについて解説します。ハッシュタグの基本的な機能・効果・メリットとは情報拡散です。ハッシュタグを活用することで、自分が情報を届けたい対象者に効率的に情報が伝わるように仕掛けていくことが可能です。

他のユーザーに投稿を見てもらえる可能性が高まる

多くのユーザーが使っているハッシュタグを利用することによって、自社をフォローしていないユーザーであっても投稿を見てもらうことができます。なぜなら、同じハッシュタグが付けられた投稿は、ハッシュタグを検索することでまとめて閲覧できるからです。人気ハッシュタグほど話題になっており、検索する人も多いということなのです。

フォロワーやいいねが増える可能性がある

投稿にハッシュタグを付けると、結果的にフォロワーやいいねが増える可能性があるというメリットがあります。検索結果に挙げられることが、直接、投稿の評価向上につながる可能性があります。

ターゲットにリーチしやすい

同じ話題に関心を持つユーザーから検索されやすいということは、ターゲットにリーチしやすくなるということです。たとえ、メーカーやブランドを知らなくても、同じカテゴリーであれば、ハッシュタグを頼りに投稿までたどり着いてもらえるのです。

自社ブランドのアピールになる

自社ブランドのアピールとしてハッシュタグを活用する使い方・付け方として、専用ハッシュタグと汎用ハッシュタグを両方並べて投稿に貼り付けるという使い方・付け方があります。こうしたハッシュタグの使い方・付け方をすることで、汎用ハッシュタグで検索して閲覧したユーザーが専用ハッシュタグを使って投稿してくれる可能性があり、また自社ブランドを認知してくれる効果もあります。自社ブランドと投稿をより拡散できる方法です。

ハッシュタグ(#)の基本的な使い方

次に、ハッシュタグの基本的な使い方・付け方について解説します。

「#」は半角で入力する

まず、文字列の前に「#」を設置します(例:#●●● )。「#」は半角文字で入力してください。またハッシュタグと混同しやすい文字が「♯」です。これは我々が通常「シャープ」と呼んでいる記号で、ハッシュタグではありません。ハッシュタグを入力する際はキーボードで直接打つか、「ナンバー」「井桁(いげた)」で変換すると入力できます。

文字列の後に空白をいれる

文字列の最後に空白(スペース)を入れます。この空白(スペース)も半角にしましょう。文字列の最後に空白(スペース)があることで、2つのハッシュタグを並べても、システムがハッシュタグの区切りを認識できます。

記号・句読点・スペースは使えない

ハッシュタグの文字列の中に「記号・句読点・スペース」は使えません。特に「&」などの良く使う記号は要注意です。うっかり使ってしまうと、使えない文字以降が途切れて認識されます。また、数字だけの文字列はハッシュタグとして認識されないので注意が必要です(例:#0716 )。必ず数字以外の文字を含めましょう。

良いハッシュタグ(#)の付け方

名詞・固有名詞を使う

名詞・固有名詞をハッシュタグにするという使い方・付け方があります。名詞・固有名詞はユーザーから検索されやすく、汎用性もあるので広くユーザー・閲覧者にアクセスできます。ただ、ありきたりの名詞・固有名詞であると検索されても検索結果が多くなるので情報として埋もれてしまう可能性があるので、的確な名詞・固有名詞をハッシュタグとして選択するように心がけましょう。

トレンドのワードを使う

今世間で流行っているキーワードをさりげなくハッシュタグとして投稿に貼り付けるのも良いでしょう。注意点として、投稿内容とかけ離れたキーワードを付けないように気を付けましょう。多くのユーザーに検索されたいからといって無造作に注目度のが高いと思われるキーワードをハッシュタグとして貼り付けると、投稿としての信頼性を失いかねませんので注意しましょう。

特有の言葉を使う

商品名や企業特有の言葉が該当し、キャンペーンにも向いています。

【まとめ】ハッシュタグを使いこなそう!


今ではSNSの利用では必須ともいえるハッシュタグについて説明してきました。ハッシュタグを上手く使えるようになると、検索精度を上げることもできますし、何より自分の投稿した文書や画像を見てもらえる確率が高くなります。SNSを利用している人は、ぜひハッシュタグの使い方をマスターして自分の投稿を検索してもらいやすくしましょう。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます