会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

【飲食店開業】食品を扱う事業者向け 保健所の営業許可申請について

飲食店を開業するには必ず保健所に営業許可を取らなくてはいけません。

今回は営業許可申請の流れについて解説します。

営業許可申請取得の流れ

①保健所に事前相談

出店するお店の管轄の保健所に相談に行きます。事前に行かなくても構いませんが、初出店の場合、保健所に確認しておいた方がいいです。施設基準に合致しているかなどを事前に確認するため、施設の工事着工前に図面等を持参していくといいでしょう。

衛生的な管理運営をするため、施設ごとに食品衛生責任者もしくは食品衛生管理者を置かなければなりません。

(参考記事)【飲食店開業】飲食店における食品衛生責任者とは

貯水槽使用水(タンク水)や井戸水等を使用する場合、水質検査が必要です。

②営業許可申請

事前相談したことを踏まえて、営業許可申請をします。施設完成予定日の10日くらい前に必要書類を保健所に提出して下さい。

<必要書類等>

  • 営業許可申請書
  • 営業設備の大要・配置図(2通)
  • 許可申請手数料
  • 登記事項証明書(法人の場合のみ)
  • 水質検査成績書(貯水槽使用水、井戸水使用の場合のみ)※許可後も、年1回以上水質検査を行い、成績書を保管すること
  • 食品衛生責任者の資格を証明するもの(食品衛生責任者手帳等)

③施設検査の打ち合わせ

担当者と施設の確認検査の日程等について相談をしてください。

④施設の確認審査

施設が申請のとおりか、施設基準に合致しているかを保健所の担当者が確認します。 検査の際は営業者が立ち会ってください。

施設基準に適合しない場合は許可になりません。不適事項については改善し、改めて検査日を決めて再検査を受けてください。
※施設基準に合致していることが確認できた場合、「営業許可書交付予定日のお知らせ」を交付します。

⑤営業許可書交付

営業許可書交付予定日になりましたら、「営業許可書交付予定日のお知らせ」及び認印を持参して、保健所で営業許可書の交付を受けてください。

施設基準適合確認後、許可書を作成しますが、交付までには数日かかりますので、開店日等についてはあらかじめ打ち合わせをしてください。

⑥営業開始

食品衛生責任者の名札(10cm以上(幅)×20cm以上(高さ))を施設内に掲示してください。

飲食店 その他必要な届出

保健所の営業許可以外にも必要に応じて提出しなくてはいけない届出がありますので、下記記事を確認してください。

消防署届出許可・届出を提出条件についてはこちらから
警察署許可・届出を提出条件についてはこちらから

まとめ

営業許可を保健所に申請する場合、施設基準に合致しているかなどを事前に確認するため、事前に内装業者に相談しておくことをお勧めします。内装業者はこのような許認可には慣れており、ノウハウがあります。消防署の届出にも関係していきますので、併せて内装業者に相談しておくといいでしょう。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事