会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

【飲食店開業】内装デザインを考える時のコツとは?


今回の記事では、内装デザインを考える際のポイントについてお伝えします。単純にご自身の考えや理想、ベンチマーク店舗を真似するだけでは本当に良い飲食店ができるとは限らないので必ず気をつけましょう。

そもそも内装デザインとはどういうもの?

デザインと聞くと見た目のことを考えがちですが、家具や什器を店舗の広さに基づきどのように配置するかなどのレイアウト決め、工事ができるように設計図に落としこむまでが内装デザインです。

内装デザインを考える時のポイントとは?

基本的に以下の4点を鑑みて内装デザインを考えていきましょう。

料理やサービスのコンセプトに沿っているか

その飲食店としてのコンセプトに沿っているかどうかを考えましょう。飲食店は料理を売っているだけではありません、サービスや空間を求めてくるお客様もいますのでお店の料理、サービス、空間が三位一体となるように意識しましょう。コンセプトや料理内容などと大きくかけ離れた内装だと知らず知らずにお客様に違和感=目に見えないストレスを与えてしまいます。お客様の居心地をいかに良くするか、目に見えないストレスをいかに無くすかで滞在率が変わり、単価も変わってきますので今一度コンセプトと内装のイメージが沿っているかを確認しましょう!

出店エリア、地域やお客様の需要やニーズを考える

お客様の需要に答えることは飲食以外の商売においても大事ですよね?飲食店の内装に関しても同じ事だと思います。ベットタウンの街に出店するならば家族連れの方が落ち着ける内装やテーブルと椅子の配置はマストだと思いますし、ビジネス街で接待利用のお客様が多ければオープンなフロア作りよりも個室の多い作り、高級感を出すライティングなど、様々な需要が「エリア」、「地域」、「お客様層」、「シーン」で存在します。ニーズを捉えることによりお店の空間一つでお客様を集客することも可能なので考案時には注意しましょう。

営業中のオペレーションを意識する

いくら上記の内容を踏まえ、かつお洒落で素晴らしいデザインの内装であっても営業し辛い内装やレイアウトだと本当の意味で良い内装だとは言えません。各種備品の置き場所がなかったり、オペレーションを組み辛い内装だと細かいことの積み重ねが無駄な人員を必要とする事になってしまうことになるのです。
人件費節約の観点もですが、何よりお客さまへの提供スピードや満足度にも影響してきますので気をつけましょう。内装考案時に営業中のシュミレーションを必ず行いましょう。

席数が売り上げを左右する

席数の目安としては1坪あたり1.5~2席程度ですが個室の有無や厨房の大きさ、テーブルの大きさで変わってきます。必ずレイアウトを業者に出してもらった時に席数を確認しましょう。客単価・座席数・回転率で飲食店の1日の売り上げが決まり、1日1日が積み重なって月の売り上げになるので飲食店の売り上げは「席数」が大きく関わってきます。必ず事業計画書の売上目標の数値と照らし合わせ、レイアウトの席数で大丈夫かどうかを確認しましょう。

【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

内装デザインを業者に依頼する場合に用意しておく事

内装デザインは自分で行うのか、業者に依頼するのかがありますが、基本的にまず自分で考えて、その後業者に依頼して提案してもらうケースが多いです。ここでは内装デザインを業者に依頼する場合に用意しておく事を説明します。

参考となる内装デザインをいくつか用意しておく

アタマの中に作りたい内装デザインのイメージがあったとしても、それ言葉で伝えたり、ましてや素人が絵に書いて表現するのはそう簡単なことではありません。いくつか自分が作りたい店舗デザインに似ている内装の写真を用意しておくことです。デザイナーも施主のニーズを理解することができ、打ち合わせもスムーズに進めることができます。

予算を決めておく

店舗デザインを考えるときは夢が拡がり、「せっかく出店するのであればあれもしたい、これもしたい」となりがちです。またデザイン事務所や施工会社も予算を意識した提案を行うため、予算が決まっていないと実現可能性の低いプランが出来上がってしまいます。予めこの金額まで、という額を決めておいて、その範囲で何が出来るかを専門家と一緒に考える方が効果的です。

物件状態と契約形態の把握

店舗をオープンする予定の物件がスケルトン(壁・床以外何もない状態)なのか、居抜き(前の店舗の内装が残っている状態)なのかによって店舗デザインにかかる費用は大きく上下します。また賃料の発生日によっても空家賃(お店のオープン前に発生する賃料)が発生する期間や、オープン日などの全体のスケジュールが大きく左右されます。

もちろん、依頼側は専門家ではないので全てを予め把握することは難しいですが、ある程度具体的な提案ができるようになっていると、その後の業者の設計士やデザイナーとのやりとりがスムーズに進むでしょう。

まとめ


内装デザインは具体的なイメージができるまで煮詰めて考えていきましょう。ここをおざなりにしてしまうといくら良い内装業者がいても良い飲食店は作れません。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます