会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

【車移動が多い事業者必見!】おススメの法人ETCカードをご紹介


起業・開業をするにあたって自動車を使って購読道路の利用が多くなる人にとって、法人用のETCカードを作りたいとお考えではないでしょうか。

今回は、おススメの法人用のETCカードをご紹介します。

法人用ETCカードとは?

ETCカードはご存知の通り、高速道路を利用する際の料金を自動で決済してくれるシステムのことです。現在では、高速道路を利用する9割以上の方がETCカードを利用していると、国土交通省が発表しています。

そして法人用のETCカードとは、法人や個人事業主がETC割引を受けられるカードの事で、個人用のETCカードは、ETC割引制度がカードによって変わることはなく、同じようにサービスが受けられます。一方、法人用のETCカードは、種類によって受けられる割引や作成難易度が異なり、事業の規模によっても向いているカードが異なる点が大きな特徴です。

法人用ETCカードを作るメリット

法人用のETCカードを作るメリットは以下の3点になります。

  • ETC割引で有料道路の通行料金が割引となる
  • 交通費の管理や経理処理が容易になる
  • ポイントが貯まる

ETC割引で有料道路の通行料金が割引となる

有料道路の通行料金が大幅に割引となり経費節減できる点は、法人用のETCカードを作る上でもっとも大きなメリットです。個人用のETCカードよりも大きな割引が受けられる法人用のETCカードもあり、そういったETCカードを利用すれば、個人用のカードをそのまま流用するよりもさらに経費が節減できます。

カード会社にもよりますが、ETCカードを利用することで受けられる割引は、休日割引、深夜割引などがあります。走行する時間帯などによって、対象の有料道路の料金が割引されるものもあります。

交通費の管理や経理処理が容易になる

車移動が多い事業を考えているなら、経理面でも法人用のETCカードは必須です。

ETCカードを使ってスムーズに高速道路などの有料道路を通行できるので利便性が向上します。交通費を立て替える必要もないため、社員の負担を削減することもできます。また、出張先などでレンタカーやカーシェアリングを利用する場合も、ETC車載器が搭載されている車が多いので、同じようにETCカードを利用することができます。

ポイントがたまる

ETCを利用することで、利用分に応じてポイントの還元を受けることができます。ETCカードで還元されるポイントは、「ETCマイレージサービスのポイント」と「カード会社のポイント(クレジットカード付帯のETCカードのうち、ETC利用でもポイントがたまるカードのみ)」の2つです。つまり、クレジットカード付帯のETCカードを利用する場合は、それだけで2種類のポイントが付与されるということです。

クレジットカードの利用でたまったポイントは、キャッシュバックされたり、商品券等に交換して備品や贈答品等の購入にあてたりすることができます。クレジットカード付帯のETCカードのポイント還元率は、それぞれのクレジットカードによって異なり、付与条件も違うため、事前にチェックしておきましょう。

一方、ETCマイレージサービスは、ほとんどのETCカードで利用することができるポイント制度です。ETC利用状況に応じてポイントがたまっていき、1ポイント1円(自動還元サービスを利用した場合)で有料道路の料金への充当や割引が受けられるため、経費の削減にもつながるでしょう。具体的な還元率は、利用する有料道路の種類や利用頻度によって異なります。高速道路など有料道路の利用が多ければ、それだけ多くポイントがたまり、大きなメリットになるでしょう。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。

法人ETCカードの選び方

会社で利用するETCカードを法人で発行しようとしたとき、チェックして欲しい法人ETCカードの性能は2つあります。それは、ETCカードの「発行可能枚数」「年会費」です。どちらかでもあなたの事業に合わない法人ETCカードを選んでしまうと年会費で損をしてしまったり、法人カードを作り直すという手間にも繋がります。

発行可能枚数が多いものを選ぶ

ETCカードを発行できる枚数は法人カードごとに違います。その差は、なんと1枚~複数枚と幅広くなっています。会社でETCカードを使うのは1~2人、あるいは決まった車両のみと決まっているのであれば、発行可能枚数は少ないものでも大丈夫です。

しかし、今後事業の拡大で社員が増える可能性や、事業のやり方が少しでも変わる可能性があるなら、なるべく多くのETCカード発行枠を抑えておきたいところです。なぜなら、後になって法人カードの発行可能枚数を超えたETCカードが必要となれば、法人カード選びからやり直す必要がでてきます。 その際、審査に落ちてしまい法人カードの申し込みができなかった、という事態を避けるためにも、最初の段階で多くのETCカード発行可能枚数を持つ法人カードを選ぶことをおすすめします。

年会費無料かどうか

法人がETCカードを発行する場合、法人カード年会費とは別にETCカードの年会費が必要になることがあります。発行1枚あたりの年会費は、無料のものから500円程度。500円くらいならあまり気にする程でもないと思われる方も多いのですが、枚数が重なってくると馬鹿にならない金額になってきます。

例えば、年会費2,000円の法人カードで、500円のETCカードを4枚発行するだけで2,000円となり、年会費が倍になることになります。せっかく発行可能枚数の多い法人カードを選んでも1枚1枚に年会費がかかっていては金額面で損をしてしまいます。

もう一つ、年会費で選ぼうと思ったときに注意して頂きたいのが、一定金額以上のカード利用でETCの年会費が無料になるというもの。ETC年会費無料の条件をクリアしておらず、ETCの年会費が発生しているといったことにも繋がるので気をつけましょう。

おススメの法人ETCカード


ここからは、おススメの法人ETCカードをご紹介します。

JCB法人カード

言わずと知れた王道法人カードの「JCB法人カード」。発行可能枚数「複数枚」、ETCカード年会費「無料」の条件をクリアした上で、さらなるメリットを持っています。まず、信頼性。日本が誇る国際ブランド「JCB」のプロパーカードですので、世界に通用するステータス性を持っています。また、出張サポート・オフィスサプライ・会計管理ソフトなどのビジネスサービスが充実していることもポイントです。

高速道路の利用に限らず、ビジネスのありとあらゆるシーンで活躍してくれるのがこのJCB法人カードです。ですので、ETCカードの発行はもちろん、法人カードとしての役割もしっかり果たすカードが欲しい方には、JCB法人カードが非常におすすめと言えます。

ライフカードビジネス

ライフカードがビジネス向けに発行する「ライフカードビジネス」です。この法人カードの最大の特徴は、必要最低限の機能だけを搭載してコスパを極限まで高めているところです。そして発行可能枚数「複数枚」、ETCカード年会費「無料」を満たし、年会費はETCカードだけでなくライフカードビジネス自体も無料、限度額においては驚くことに200万円までという所です。

アメリカン・エクスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

ETCカードは5枚まで発行可能で、ステータスの高い法人カードです。アメックスビジネスゴールドをおすすめする理由は3つあります。

  • 他のビジネスカードでいえばプラチナレベルの付帯サービス
  • 追加カードは無制限に作れ、追加カードの使用明細やポイントなどはすべて本カードに集まる
  • ETCカードを5枚まで作成できる

アメックスと言えば、空港のラウンジサービスや旅行の付帯保険の補償額の高さなど、旅行関連で高いレベルのサービスを受けられることで有名ですが、法人カードでも同様のサービスが受けられます。また、請求書およびポイントはすべて本カードに集まりますので、交通費が経費の大部分を占めるような場合、本カードにポイントが多く貯まります。年会費31,000円(税別)、追加カードは1枚につき年会費12,000円(税別)と、年会費は高いのですが、ポイント還元や付帯サービスの内容で、年会費以上のメリットがあるためおすすめです。

ETCコーポレートカード(クレジット機能なし)という選択肢も!?

ETCコーポレートカードとは、運送業など高速道路の利用頻度が多い事業者向けに作られたカードです。申込方法として東/中/西日本高速道路株式会社に直接申し込むか、高速道路協同組合経由で申し込むかの2択です。

東/中/西日本高速道路株式会社に直接申し込む場合は、後払い料金を保証するための金額として、1ヵ月の利用金額の4倍もの保証金を積む必要があります。大口・多頻度割引はすべての高速道路・一般有料道路で適用されます。

高速道路協同組合経由で申し込む場合は、保証金を入れる必要がありません。必要なのは出資金の1万円のみです。ただし、大口・多頻度割引は首都高速と阪神高速しか適用されません。

それぞれのメリットとデメリットを踏まえてどちらに申し込むかを決める必要があります。保証金を積む余裕がなく、首都高速と阪神高速の利用頻度が多い場合は高速道路協同組合経由で申し込み、全国の高速道路を利用し、保証金が払える場合は東/中/西日本高速道路株式会社に直接申し込むことをおすすめします。

まとめ


いかがでしたでしょうか?法人ETCカードは、作りたいと考えている人の事業内容や起業直後かどうかなどの状況により、最適なカードが異なります。作成手順が簡単でポイントサービスや付帯保険などの特典も受けられる法人カードとセットのETCカードが作れれば何かと便利です。しかし、起業間もない場合は審査に通過しにくい点がネックです。起業間もない場合は、起業を応援すると明確に表明しているクレジットカード会社の法人カード、クレジットカードが不要な法人ETCカードに申し込むとよいでしょう。場合によってはETCコーポレートカードの発行も視野に入れましょう。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます