会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

日本で定着している経営資源『ヒト・モノ・カネ・情報』とは?経営資源を持つことによるメリットとは?


日本で定着している、ヒトモノカネ情報とは、日本国内で定着している経営資源を構成する4つの要素のことです。「ヒト」は人材や組織、「モノ」は在庫や設備、「カネ」はお金、「情報」は技術やノウハウのことです。ひと昔前は、経営資源といえば「ヒトモノカネ」でした。そこに「情報」が加わって、いまでは「ヒトモノカネ情報」の4つが経営資源を指すことが多くなっています。

今回は、新米経営者に知っておいてほしい経営資源『ヒト・モノ・カネ・情報』について解説していきます。

※この記事を書いているHAJIMERU01.comを運営しているスタートゼロワン社が発行している「起業のミカタ(小冊子)」では、更に詳しい情報を解説しています。無料でお送りしていますので、是非取り寄せをしてみて下さい。

経営資源『ヒト・モノ・カネ・情報』とは?

経営資源とは会社が利用できる能力全てを指します。会社経営とは、「経営資源を有効活用して、さらに大きな利益を獲得する活動」ということが出来ます。

どんなにいい人材がいてもお金がなければ事業継続は難しくなりますし、いくら情報を持っていても、使いこなせる人材がいなければ利益を生み出すことは出来ません。4つの経営資源を活かすことが経営には必要になってきます。

ヒト

経営資源の「ヒト」とは、主に会社で働く社員のことです。社員の数が多く、優秀であればあるほど、その会社の人的資源は豊かになります。従業員は会社の命なんて言葉があるほど、会社経営には大切になります。経営資源を考えるうえでも、「ヒト」は一番に重要視するべきでしょう。

また、広い意味では共同でプロジェクトを進めている会社や、開発を委託している会社なども「ヒト」含まれてきます。

モノ

経営資源の「モノ」は会社で所有している物理的なモノのことを指します。オフィスにある机やパソコンはもちろん、事務所や工場、パソコンにインストールされているソフトなども経営資源のモノにあたります。こうした「モノ」は多ければ良いというわけではありません。事務所を借りるのであれば家賃、ソフトウェアの更新料、工場の清掃費など、「モノ」にはランニングコストがつきものです。「モノ」が多すぎるとこのランニングコストが経営を圧迫してしまうこともあるので、バランスがとれた形で「モノ」を所有できているかどうかが重要になってきます。

「ヒト」が「モノ」に手を加えることによって、価値が生み出されます。その価値が「カネ」に変換され、ビジネスの循環が生まれます。

カネ

経営資源の「カネ」とは、その名の通りお金のことです。単純に現金だけでなく、株式や債権などもカネに含まれます。「カネ」は新しく社員を雇って給与を支払う、備品を購入する、新しいプロジェクトを始める際の調査費用など、使い方次第でより経営規模を広げられます。そのため会社にある「カネ」をどう配分していくかは、会社の今後を左右する課題でもあるのです。

そして、どのように資金を調達してどう活かすのかを考える財務の視点も外すことはできません。企業を循環する血液のような「カネ」ですが、他の3つの要素「ヒト」「モノ」「情報」を動かすために「カネ」は必ず必要になります。

情報

経営資源の「情報」とは会社が所有している無形財産のことを指します。古い経営学の参考書では、経営資源はヒト・モノ・カネとしているものがほとんどでした。しかし近年ではIT技術の発達により、経営資源に情報を含めることが多くなっています。

その会社にしかない技術やノウハウ、それに伴って取得した特許、実験などで得られたデータなどは「情報」にあたります。これらは形がないにせよ、扱い方によって会社の利益を大きく伸ばす可能性もあり、ものによっては売却なども可能になってきます。そのため会社が保有する財産として、慎重に扱う必要があるのです。また会社の運営によっては社員が高い技術を有していることも少なくなく、その場合人的資源と情報資源の両方を有しているということになります。

その他経営資源と考えられるもの

「ヒト・モノ・カネ・情報」以外にも、「時間」「知的財産」も経営資源として重要になってきました。

経営資源における「時間」とは、あらゆる時間のことを指しています。事業展開や事業拡大などに関わる意思決定にかかる時間をはじめ、商品を市場にリリースするまでにかかる期間、さらには従業員が同じ時間を用いて生産できる作業効率など、限りある時間をいかに適切に活用し、市場への価値を生み出せるかが、企業の成長速度に多大な影響を及ぼすことから、時間を経営資源と捉える考え方が近年、多くの企業で浸透してきています。

経営資源における「知的財産」とは、人材、技術、組織力、顧客とのネットワーク、ブランド等の目に見えない資産のことで、企業の競争力の源泉となるものです。これは、特許やノウハウなどの「知的財産」だけではなく、組織や人材、ネットワークなどの企業の強みとなる資産を総称する幅広い考え方であることに注意が必要です。さらに、このような企業に固有の知的資産を認識し、有効に組み合わせて活用していくことを通じて収益につなげる経営を「知的資産経営」と呼びます。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。

経営資源を持つことによるメリット

企業が経営資源を持つことで、さまざまなメリットを得られます。経営資源を形成する前に、経営資源によるメリットを確認しましょう。

自社の独自性を高められる

経営資源は、自社の独自性を高める効果があります。たとえば、自社でしか作り出せない製品、自社でしか教育できない人材、自社でしか持っていない権利などを保有することで、他社にはない独自性を形成できます。企業が独自性を持てるようになると、コアなファンを獲得しやすくなるほか、競合相手にも真似されない技術を生み出せます。将来に渡って企業を発展させるためにも、自社の独自性を追求しましょう。

市場において競合他社の脅威となる

経営資源を持つことで、市場における競争力を高められるようになります。テクノロジーの発展やグローバル化にともない、あらゆる脅威に対して経営を進めなければならない時代となりました。また、消費行動も多様化しており、市場の入れ替わりも活発化しています。市場内での競争が激しくなっているなかで、自社の存在感を高めるためには、経営資源を最大限に活用することが求められます。経営資源に厚みを持たせられるようになるほど、市場の変化に耐えやすくなり、自社の競争力を強化できます。

顧客に還元できる

市場で勝ち抜くためには、自社の力を高めるだけでなく、顧客にも還元できるような体制を整える必要があります。顧客にとって魅力がなくなってしまうと、現時点で健全な経営を送っていても、将来的に衰退する可能性が高まるためです。一方で、経営資源を豊富に持っていると、経営に余裕が生まれ、顧客のことを考えながら企業活動を進められるようになります。顧客を優先とし、将来的な利益につながるような動きによって、永続的な経営を期待できます。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。

経営資源を適切に配分するための基本的な考え方は「選択と集中」

経営資源を適切に配分するための基本の考え方は「選択と集中」です。「選択と集中」とは自社の得意・不得意な事業分野を見極め、得意分野にはより豊富な経営資源を、不得意分野では経営資源の整理や撤退を行うことを指します。「選択と集中」を行うことで強みのある事業はより成長し、衰退しつつある事業の見極めにもつながるので、より経営を効率化し、業績を伸ばすことが可能になるのです。

まとめ


経営資源を有効活用するスキルは経営者にとって必須になります。それぞれの経営資源をしっかり理解し、経営改善に取り組んでいきましょう。

以下、起業するために必要な経営資源についてご紹介します。

  • ヒト:創業メンバー等の仲間
  • モノ:事業する上で必要なオフィスや販売する商品等
  • カネ:事業を運営する上で必要となるお金
  • 情報:顧客データや人脈、ネットワーク等

より詳しい情報や起業・開業に役立つ情報は「起業のミカタ(小冊子)」を無料で贈呈していますので、合わせてお読みください。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
資金調達 情報サイト
飲食開業 情報サイト