会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

起業・開業時に利用したい地方金融機関


起業・開業時に皆様が良く知っているメガバンク(みずほ銀行や三井住友銀行など)からの融資を受けたくても、実績のない企業には貸してくれません。その点、地方銀行や信用金庫、信用組合などは地域活性化を目的にしている所が多く、積極的に支援していますので、是非活用したい所です。

今回は、起業・開業時に利用したい地方金融機関について解説します。

地方金融機関とは?

地方金融機関とは、地元住民、地元企業および地方公共団体などに対して金融サービスを提供する地方に根付いた金融機関です。地域住民・企業のニーズに敏感に対応していることが特徴になります。

また、地方金融機関は国の指導の下で起業・開業支援に積極的に取り組んでいることか多いので、起業・開業時には是非活用したいところです。

地方金融機関には大きく分けて3つ

起業・開業支援に熱心な地方金融機関は、以下の3つです。

  • 地方銀行
  • 信用金庫
  • 信用組合

地方銀行

地方銀行は、地元の都道府県に本店があり、地方をメインに活勣してきる金融機関です。その本店のある都道府県で最大規模の金融機関で、その傘下に不動産会社を持っていたり、その地域主要企業のメインバンクとなっていたり、メガバンクとの繋がりがあるなど、地域経済に大きな影響力を持っています。

地元の中小企業や個人がメイン顧客となりますので、取引金額も億単位ではなく、数千万円という小口のものが多いのが特徴です。最近は、事業の拡大を狙って、地元の隣接地域に積極的に進出しています。

主な地方銀行:横浜銀行、千葉銀行、静岡銀行、阿波銀行(徳島県)七十七銀行(宮城県)、常陽銀行(茨城県)など

信用金庫

信用金庫は、地域の方々が利用者・会員となって互いに地域の繁栄を図る相互扶助を目的とした協同組織の金融機関です。主な取引先は中小企業や個人です。

利益第一主義ではなく、会員すなわち地域社会の利益が優先されます。信用金庫の融資は、原則として会員を対象としています。営業地域は一定の地域に限定されていて、預かった資金はその地域の発展に生かされている点も銀行と大きく異なります。

主な信用金庫:西武信用金庫、城南信用金庫、さわやか信用金庫など

信用組合

信用組合は、信用金庫と同じく協同組織の金融機関です。融資については、信用組合は原則として組合員が対象です。

組合資格の条件は、「従業員300人以下または資本金3億円以下の事業者」が原則になります。ただし、以下の業種はさらに小規模になっています。

  • 卸売業:従業員100人または資本金1億円以下
  • 小売業:従業員50人または資本金5千万円以下
  • サービス業:従業員100人または資本金5千万円以下

組合員資格がかなり限定しているところが多いです。

主な信用組合:第一勧業信用組合、共立信用組合、中央信用組合など
【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。

どんな支援を行っているのか?

地方金融機関はどんな支援を行っているのでしょうか?まず国の対策で「地方創生」「地元活性化」が主題になっており、融資など国からの補助が増えている背景があります。

支援内容は、融資はもちろん「事業戦略・経営戦略計画策定支援」、「財務診断等計数管理アドバイス」等のコンサルティング機能を活かした取組や、ビジネスマッチングなどの販路拡大支援、人材育成など、トータルで中小企業を支援しています。

まとめ


いかがでしたでしょうか?留意点として、地方金融機関の中でも「積極的に支援」している所もあれば「力を入れていない」金融機関もあるという事です。まずはご自身の地域の金融機関に問い合わせてみましょう。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます