会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

パーソナルジムでの開業について


当記事では、パーソナルジムでの開業について解説していきます。

パーソナルトレーナーとは?

パーソナルトレーナーは、マンツーマンでエクササイズやトレーニングの指導、栄養指導などを行う仕事です。プロのスポーツ選手をはじめ、俳優やモデルなど芸能活動をする人がクライアントになるケースが多いですが、近年ではダイエットや健康維持を目的とする一般の人を対象とすることも増えています。

パーソナルジムを開くための資格とキャリアパス

パーソナルトレーナーになるための公的な資格はありませんが、民間の資格はいくつかあります。保有していると採用の際に有利になったり、クライアントを獲得するうえでアピールにもなるため、取得する人が多いようです。

資格がなくてもパーソナルトレーナーとして仕事をすることはできますが、トレーニングに関する知識やスキルは不可欠です。そのため、体育大学やスポーツ関連の専門学校などに入学して、運動生理学や機能解剖学、トレーニング科学、栄養学、スポーツ心理学などを学ぶ人が多いです。各民間資格の取得をサポートする学校もあり、在学中に資格を取得することも可能です。

卒業後は、スポーツジムやフィットネスクラブ、またはスポーツチームなどに所属することが多いでしょう。パーソナルトレーニング専門のジムもありますが、それ以外の場合は、通常のトレーナー業務のほかにフロント業務などもこなしながら、希望する会員向けにパーソナルトレーニングを行うケースが多いようです。

トレーナーとして経験を積んだ後、独立してフリーのパーソナルトレーナーとなり、フィットネスクラブなどと業務委託契約を結んだり、個人でクライアントを獲得してトレーニング指導を行うこともできます。そのほかにも、個人でプライベートジムなどを開業し、パーソナルトレーニングを行う人もいます。
 

主な資格
  • 健康運動指導士
  • 健康運動実践指導者
  • PFT公認
  • NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)
  • CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)
  • NESTA-PFT(NESTA 認定パーソナルフィットネストレーナー)
  • JATI-ATI(JATI認定トレーニング指導者資格)

パーソナルジム開業の手続き

一般の開業手続きとして、個人であれば税務署への開業手続き等、法人であれば、必要に応じて、健康保険・厚生年金関連は社会保険事務所、雇用保険関連は公共職業安定所、労災保険関連は労働基準監督署、税金に関するものは所轄税務署や税務事務所にて手続きをします。

パーソナルジムに必要な機材は?

基本的なベースとして以下にあげる機材が必要ですが、パーソナルジムのコンセプトによって変わってきますので、まずはジムのコンセプトを決める所から始めましょう。
 

基本的な機材
  • 床のコルクマット
  • ストレッチポール
  • ストレッチマット
  • フラットベンチ
  • ダンベル
  • 縄跳び

その他、フィットネスクラブにあるようなトレーニングマシンを使うのであれば、それなりのマシン(機器)とお金が必要です。そしてより顧客目線で考えるのであれば、シャワールーム、タオル、お水、アメニティ、トレーニングウェア、シューズなどがあると喜ばれるでしょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか?開業する為に特に資格は必要ありませんが、民間の資格は持っておいた方が良いでしょう。そしてトレーニング以外にも、カウンセリングや栄養学などの知識が必要になってきますので、まずは未経験で開業するよりも専門学校やジムなどで経験を積んでから開業を検討しましょう。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます