会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

【飲食店開業】おススメの業務用食材卸業者は?


業務用食材の卸売業者は日本全国に数多くあります。今まで飲食店の経験がある人は前からの知り合いや取引先をあたることが出来ますが、初めて飲食店を開業する人は、食品・食材の仕入れ先で悩んでいる方も多いことかと思います。

今回は、飲食店開業者向け、おススメの業務用食材卸業者をご紹介します。

飲食店開業における仕入先の種類は?

一般的に、仕入先の種類は、以下の5つになります。

  • 業務用食材の通販サイト
  • 一般のスーパーや直売所
  • 生産者
  • 業務用卸業者
  • 業務用スーパー・市場

自身の飲食店が続く限り、仕入れ業者とは長い付き合いになります。仲良くなると色々お得な事が多いので、安易に値引き交渉をせず、無理のない条件でお互いが気持ち良く取り引きできるようにしましょう。そして、それぞれメリット・デメリットがあるので、まずは各仕入れ方法の特徴などをしっかりと把握するようにしておきましょう。

(参考記事)【飲食店開業】仕入先を探す方法について

飲食店開業において業務用卸業者で仕入を依頼するメリット

業務用食材の仕入れにおいて、最近では、利便性や手軽さといったところで通販サイトを利用するお店が増えてきましたが、卸業者にもメリットがあります。メリットは主に以下の3つになります。

  • ボリュームディスカウントができる
  • 業務用卸業者の担当営業と相談できる
  • 価格交渉をする事ができる

ある程度お店が大きくなり、何店舗か展開するようになれば、卸業者がおすすめといえます。

業務用卸業者で注文するフロー

業務用卸業者で注文するフローは基本的に以下になります。

  • ①カタログで選定(実店舗がある所はその場で選定)
  • ②見積り
  • ③在庫確認
  • ④発注
  • ⑤納品

通販サイトであれば、上記から「見積り」「在庫確認」のフローが削減されるので、業務用卸業者での注文は、ネット通販に比べるとフローが多くなり、納品までの時間が長くかかります。

飲食店開業者にお勧めの業務用卸業者 13選

飲食店開業者にお勧めの業務用卸業者を13社ご紹介します。これ以外にも沢山ありますが、代表的な所になります。

尾家産業

総合食品商社の尾家産業は様々な業態向けにサービスを展開しています。外食産業はもちろん、福祉施設や中食などにも対応しています。その拠点は46都道府県にわたり、広域対応体制も強みのひとつです。

久世

全国各地に物流センターを置き、独自の物流ネットワークを構築しています。品種・産地・収穫法などにもこだわった良質な厳選食材を、国内だけでなく海外からも調達しているグローバルな会社になります。

大光

大光が展開するのは3つの事業(外商事業、アミカ事業(小売)、水産品事業)。外商事業においては、商品の提供はもちろん飲食店に対するメニュー提案や店舗運営に関するアドバイスなども実施し、トータル的なサポートを行っています。

東亜商事

世界に目を向けたグローバルな商品調達力が強み。それを生かして商品開発に取り組んでいます。また、オリジナルブランドの商品開発も国内外で実施しています。

西原商会

グループ全体で商品製造まで行っている食材の専門商社です。営業拠点も広く展開しており、北は札幌から南は石垣島まで、日本全国に設置しています。

メトロ

関東近辺に10店舗ありますので、食材や食品を実際に見て購入するかどうかを決めることができます。また、試食イベントも多く開催されているため、食べてみて美味しい食材を仕入れることが可能です。

会員制なので、登録したメールアドレス宛に定期的にお得な情報が届きます。特売情報やクーポン、イベント情報など、少しでも仕入れにかかる費用を抑えたいときに助かる情報を配信してくれます。

ニッショク

医療機関や福祉関連施設などの食事提供業務に適した商品を展開しています。全国に広がるネットワークを通じた安定供給の実現に取り組んでいる会社です。

ニッカネ

鮮度が大事な魚や生鮮野菜などの珍しい業務用食材を取り扱っています。乳製品やパン、オリジナル商品など数多くの食材を提供しているので一括仕入れができますので、大変便利です。

吉良文商事株式会社

健康志向の食材や食品を販売しています。女性やシニア、子ども向けのメニューに対応した食材を扱っているため、メニューの幅を広げたい店舗に向いている卸売業者です。

東洋商事

提供する商品は食材以外に、調味料や油、消耗品など多岐にわたります。取り扱い品目が多くプライベートブランドも販売しているので、仕入れを一本化したいときに重宝します。

アダチヤマーケット

牛、豚、鶏のほか、羊や鴨など畜産品全般を扱う業務用食材卸。専門卸のため、畜産品なら部位ごと何でもそろっているので便利です。ハムやソーセージ、ベーコンなどの畜産加工品も取り扱っています。

サン食品

切身加工や漬・焼加工された鮮魚を専門に扱う食品卸です。真鯛や鮭、鯖、ヒラメなど、取り扱い魚種は実に多様。切身は希望にあわせた大きさでオーダー可能なほか、冷凍・冷蔵の両方に対応しています。

長岡物産

野菜やフルーツなど農産品を中心に取り扱う卸。根菜、葉菜、洋菜、豆や土物、きのこ類など幅広い品ぞろえは専門卸ならではです。カット野菜やフルーツなど、農産加工品にも対応しています。

まとめ


いかがでしたでしょうか?前述でご紹介した業務用卸業者以外にも沢山ありますが、自分のお店にあった食材か、価格はいくらになるかなど、担当者と交渉することが大事になってきます。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます