会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

リサイクルショップの開業について


一般消費者にとって、安価に商品を購入でき、掘り出し物を見つけられるリサイクルショップは、近年ますますニーズの高まっている業態です。従来型の店舗を構えて開業する方法もありますが、近年ではインターネット上で開業する人も増えてきました。

今回は、リサイクルショップの開業について解説していきます。

「古物商許可証」の取得について

リサイクルショップを開くためには「古物商許可証」を取得する必要があります。

古物商とは古物営業法にもとづいて、中古品を顧客に販売する業者や個人のことを指します。中古パソコンや中古自動車といったものを販売したり、金券や古本を販売したりするのもすべて古物商の許可が必要となります。但し、個人で不用品をネットオークションやフリーマーケットで販売する分には許可は必要ありません。あくまで第三者から買い取って、それを販売することを事業として営む場合に必要となります。

リサイクルショップを開くためにはまず、公安委員会に古物商として営業許可を申請しなければいけません。 申請窓口はお店の所在地を管轄する警察署です。申請に必要な書類は個人、法人の場合で若干異なりますが、以下のとおりです。

  • 個人の場合:住民票、身分証明書、登記されていないことの証明書(※3)、直近5年の略歴書、誓約書
  • 法人の場合:住民票、身分証明書、登記されていないことの証明書(※3)、直近5年の略歴書、誓約書、法人の登記事項証明書、法人の定款
  • ※3:成年被後見人・被保佐人に登記されていないことを証明するもの

以上が必要な書類ですが、場合によっては店舗の賃貸借契約書のコピーやプロバイダなどからの資料のコピー(ホームページを開設して取引を行う場合など)を含む追加資料の提出が必要になることもあります。なお、申請については、自分で手続きをすることも可能ですし、専門家である行政書士などに依頼をすることもできます。

そして申請時には、住民票や身分証の提示、営業所の賃貸借契約書のコピー、19,000円の手数料などが必要になります。もし許可が下りなかったり、途中で申請を取り下げたりした場合でも、手数料は戻ってきません。申請後、40日以内で申請の許可が下りたかどうかがわかります。許可が下りたらお店をスタートさせることができます。申請するときは、最寄りの警察署のウェブサイトで詳しい情報を確認してみてください。

最後に、古物商は免許ではなく許可なので、6カ月以上営業を継続しない場合には許可証を返納する必要がありますのでご留意ください。

「古物」の定義とは?

「古物」とは、「一度でも取引をされたことのある物品」のことです。未使用で、ほぼ新品のまま売りに出された、いわゆる「新古品」も法律的には「古物」の扱いになります。

古物営業法施行規則では、古物を以下のようなものとしています。

  • 1. 美術品類(書画、彫刻、工芸品等)
  • 2. 衣類(和服類、洋服類、その他の衣料品)
  • 3. 時計・宝飾品類(時計、眼鏡、宝石類、装身具類、貴金属類等)
  • 4. 自動車(その部分品を含む)
  • 5. 自動二輪車及び原動機付自転車(これらの部分品を含む)
  • 6. 自転車類(その部分品を含む)
  • 7. 写真機類(写真機、光学器等)
  • 8. 事務機器類(レジスター、タイプライター、計算機、謄写機、ワードプロセッサー、ファクシミリ装置、事務用電子計算機等)
  • 9. 機械工具類(電機類、工作機械、土木機械、化学機械、工具等)
  • 10. 道具類(家具、じゅう器、運動用具、楽器、磁気記録媒体、蓄音機用レコード、磁気的方法又は光学的方法により音、影像又はプログラムを記録した物等)
  • 11. 皮革・ゴム製品類(カバン、靴等)
  • 12. 書籍
  • 13. 金券類

店舗運営上のポイントについて

仕入れ方法

  • 売りたい人から商品を預かり、販売した際に仕入れ代金を支払う委託方式:仕入れの元手は不要ですが、商品管理が煩雑で利幅も小さいです。
  • 商品を現金で仕入れる買い取り方式:売れる商品を見極め、本物か否かなどを判断できる目が必要になります。仕入資金が必要ですが、利幅は大きいです。

仕入れ(買い取り)ルート

  • 古物市場・オークションでの仕入れ:プロ同士が競い合うため、商品に対する目利きが必要。参加するには一般的に席料(参加料)が必要です。
  • フリーマーケットやネットオークションでの仕入れ:掘り出し物が見つかる場合がある反面、偽物などの危険性もあります。
  • 来店客や店舗を知っている一般消費者からの仕入れ:仕入れ価格が柔軟に設定でき、高い粗利益率の確保が可能です。いかにこのルートを開拓できるかが成功のポイントです。

まとめ


リサイクルショップを開業するまでにはある程度時間がかかる為、開業までのスケジュールには余裕を持っておきましょう。特に「古物商許可証」は申請から実際に許可が下りるまでには1カ月程度かかるので、それにあわせて開業のスケジュールを組み立てておく必要があります。また金融機関などから資金を借り入れる場合には、融資のタイミングも考慮しておきましょう。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます