会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

【個人事業主】銀行口座開設のおすすめ銀行は?


個人事業主として事業を営む場合、預金口座は事業用とプライベート用の口座に分けるほうがよいと言われています。複数の口座を持つという事は面倒に思われるかもしれませんが、事業用と私用で分けないと区別がつかなくなったり、確定申告の時に困ってしまいます。

今回は、個人事業主で開業する際のお勧めの銀行口座について解説します。

個人事業主は銀行口座をプライベートと事業用に分けよう!

個人事業主は法人と異なり、プライベートの口座をそのまま事業にも使うことができます。つまり、個人事業を始めたからといって専用の銀行口座を開設することは義務ではありません。但し、事業に関するお金の流れは把握する義務があります。期末の確定申告は一年間のお金の流れを集計する作業です。

取引数が少なく、プライベート口座だけでもお金を管理できる人は新たに作る必要はありませんが、基本的には事業用に新たに銀行口座を作り、事業用の資金を分けておくと後々管理が楽になります。

個人事業主「通常口座」と「屋号付き口座」開設の違い

銀行口座を開設する際に、屋号を付けた名称で開設したいという方も多いかと思います。

個人事業主で屋号を付けるメリットとしては、事業内容を明確に伝えることができる(○○商事 〇〇office、○○会計事務所など)ということが挙げられます。

そして、屋号付きの銀行口座開設にあたり、金融機関によって「通常口座」と「屋号付き口座」開設にあたっての違いがあります。

 

通常口座
  • インターネットでの申し込み、テレビ電話、郵送などさまざまな方法での開設可能
  • どの支店の口座も開設可能
  • 初回来店時に口座開設が可能(キャッシュカードは後日郵送)
  •  

    屋号付き口座
    • 窓口のみの受付
    • 自宅や事務所から最も近い支店の口座しか開設できない
    • 開設までに1週間程度かかる場合もあり
    • 開業届の提出が必須

    個人事業主として口座開設をする際には、事前に上記の事については最低限把握しておきましょう。

    個人事業主の銀行口座はネット銀行がおススメ!?

    利用頻度が高いメインの銀行口座はネット専業の銀行がおすすめです。ちなみにネット銀行とは、店舗や窓口を持たず、通帳を発行しないインターネット専用の銀行です。ネット銀行は自宅やオフィスのパソコンから素早く簡単に振込や支払等ができるので、口座を開設しておくと日常の生活や個人事業主にとって大変便利です。

    ネット銀行は普通の銀行とは違い、無店舗で運営コストを削減しているため、金利(普通貯金、定期貯金)が高く、振込手数料や引き出し手数料などの各種の手数料は安くなっています。また、ネットバンク同士であれば24時間、土・日・祝日問わず振込等が反映されます。

    個人事業主は本業だけでなく営業活動や契約手続き、経理業務などを全て一人で対応しなければなりません。つまり会社員以上に時間に対するコスト意識を持って1分1秒を大事に使わないとあっという間に時間は無くなってしまいます。銀行窓口で手続きや処理をしようとすると移動や手続きで時間がかかってしまい、事業の支障をきたします。

    個人事業主におススメのネット銀行3選

    ポイントが貯まる楽天銀行

    楽天銀行

    • 最大月3回まで他行振込手数料無料
    • 振り込みなど、取引で楽天スーパーポイントが貯まる使える
    • コンビニ・みずほ銀行などで、ATM手数料が月最大7回まで無料!
    • 楽天銀行ビジネスデビットカード(JCB)を世界中で利用でき、法人口座から引き落としできる

    楽天銀行は、振込手数料は無料になりますが、条件が厳しくなっています。給与・賞与・公的年金の受取を設定する必要があるほか、預金残高が10万円未満では無料になりません。

手数料がオトクな住信SBIネット銀行

SBI

  • 無料回数内ならATM出金手数料無料
  • 最大月15回まで他行への振り込み手数料無料
  • 会員ランク制度によってATM出金手数料や振込手数料の無料回数が決まる
  • 「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくると、普通預金金利が大幅にアップする

但し、住信SBIネット銀行は屋号入りで銀行口座を作れませんので、注意が必要です。

最先端のセキュリティならジャパンネット銀行

ジャパンネット

  • 3万円以上ならATM出金手数料無料
  • トークンで1分おきのワンタイムパスワード発行ができるので、セキュリティ対策抜群
  • Yahoo!かんたん決済が手数料無料

ジャパンネット銀行は、振込手数料の無料回数がありませんので、毎回の振込にはコストがかかってきてしまうのがデメリットです。

まとめ


いかがでしたでしょうか?個人事業主として開業したら、個人事業用の銀行口座を開くことはとても重要です。事業を開始すると、消耗品や旅費などの経費、取引の入出金、家賃、公共料金など、多くのお金が出入りしますので、個人名義の銀行口座のままだと、個人で使用したお金か、会社で使用したお金か、区別がつかなくなります。

そして、ネット銀行は利用者にとって大変便利であるため、現在はネット銀行の口座開設数も急増しています。個人事業主で開業を検討している方は検討してみてはいかがでしょうか?

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。
  • 【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
  • 【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。
HAJIMERU01.comでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事

起業・開業支援関連

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます