会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

起業初期にお勧めの融資機関

①日本政策金融公庫

日本政策金融公庫とは株式会社日本政策金融公庫法に基づいて2008年10月1日付で設立された財務省所管の特殊会社という位置付けであり、主な業務内容として、「国民生活事業」「中小企業事業」「農林水産事業」の3つがあります。

この3つの中で「中小企業事業」についてお話をすると、中小企業の資金調達支援、信用保険制度をおこなっています。

簡潔にすると国が事業者に対し、資金を融資し、事業を成り立たせる為の手伝いを行っている政府系の銀行となっております。

日本政策金融公庫が単独で融資を行う為、融資申請から入金までの期間として、約3~4週間ほどで、公的な融資としては入金までの期間が一番早いとされています。

(参考記事)日本政策金融公庫について

②信用保証協会

信用保証協会とは、信用保証協会法によって設立される認可法人で、中小企業が民間の銀行から融資を受ける際に、その債務を保証することで、中小企業の資金調達の円滑化を図ることを目的としています。

実際に融資の申請をかける際、最初に民間の銀行に申請をしに行くのではなく、最寄りの信用保証協会に融資相談に行き、信用保証協会の審査が通れば、次に民間の銀行に融資申請をしに行きます。審査が通った場合、信用保証協会に保証料を支払うことで融資の為の保証になり、民間の金融機関は融資をしやすくなるということになります。

ただし、上記にもあるように、信用保証協会と金融機関の2つに申請をする為、融資申請から融資額の入金までに、1.5ヵ月~2ヵ月程度かかる為、申請をする際は前もって準備をしておく必要があります。

(参考記事)信用保証付き融資について

③各都道府県の融資制度

こちらは信用保証協会の仕組みと似ていますが、各都道府県が主体となって中小企業が民間の銀行から融資を受ける際に、その責務を保証するというものになっております。

審査も信用保証協会と同様、2回あり、1.5ヵ月~2ヵ月程度かかりますので、前もって準備する必要があります。

(参考記事)公庫だけではない!東京都で使える融資制度

資金調達

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事