会社やビジネスをはじめるときの情報サイト

店舗物件の申請

資金調達の見込みがある程度出来たら、ようやくこれから飲食店を開業する為の物件の申請に移ります。最初に借りる物件の不動産会社からよく言われることをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

まず、不動産会社から言われることは、「資金調達の見込みはありますか?」という質問がよく来ます。

これは裏を返せば、あなたはいくらもっていますか?ということで、事業をする上で、本当に開業できるのか?ということと、売上が最初は立たない可能性もあるが、軌道に乗せるまでの資金をしっかり持っているのか?ということ聞くための質問になります。

次に「連帯保証人はいるか?」という質問です。

これは保証会社もありますが、売上が立たない場合など、家賃を払わず逃げてしまうことはないのか?ということを聞くための質問となりますのでしっかりと受け答えしましょう。不動産会社のほうで、この方は大丈夫という判断になれば、はじめて店舗物件の申請になります。

ここで気をつけなければいけないことが、物件の申請時に保証金の一部にあたる「手付金」を言う申込みの為のお金を支払う会社もあります。不動産会社も物件の申請はしておいて、審査が通過してから、「やっぱり他の物件にします」ということを防ぐために、行っている不動産会社もありますので、手付金は家賃の1ヶ月分を支払うことが一般的で、融資などの資金調達をする前に支払う可能性もありますので、この費用も計算しておいた方が良いでしょう。

店舗物件取得 参考記事

(参考記事)飲食店の「店舗物件取得」に係る費用について
(参考記事)【飲食店開業】店舗の保証金・敷金について

飲食店開業

記事カテゴリー

タグクラウド

おすすめ記事